Home > 売買契約までの流れ

売買契約までの流れ

売買契約までの流れ


売買契約までの流れ


不動産売買契約の流れについて、売主と買主にわけてその手順と注意点をご説明します。

売主の手順

物件売却相談

不動産会社に問い合わせをする




物件売却相談

不動産会社で現地調査・法的調査をし、相場等を考慮し売却金額を査定



無料査定

査定金額を検討し、売却金額、売却条件等合意をしたら媒介契約を締結する



媒介契約締結

当社顧客への紹介、指定流通機構(レインズ)への物件登録、当社HPへの物件情報掲載。チラシ広告への掲載。オープンハウス。



契約

売買契約の条件に双方が合意し契約となる。
契約内容は不明な点は曖昧にせず十分理解するまで説明を求める事が後のトラブルを防ぐためには重要
手付金(通常売買金額の10%)の受領、契約書への記名・押印し契約成立
残金受領までの間に中間金を受領する場合もある



契約

当日持参する書類、金銭等についてご確認
残金の受領、租税公課の精算が済んだ後、所有権移転手続きになる。
残金受領方法は現金・売主指定口座への振込み等、抵当権のついている場合は抹消登記も必要引渡しが終了。不動産業者に仲介手数料を支払う。


買主の手順

物件問合せ

不広告・HP等の物件情報で希望の物件が見つかったら不動産業者に資料の請求



現地案内

不動産業者と日時の打合せをし現地を確認する




現地案内

契約を締結する前までに宅地建物取引主任者に重要事項の説明を受ける。後のトラブルを回避するためには取引する物件や取引条件等の重要な事項について、十分に確認し、納得をして契約締結する事が必要となる




契約

売買契約の条件に双方が合意し契約となる。契約内容は不明な点は曖昧にせず十分理解するまで説明を求める事が後のトラブルを防ぐためには重要。ローンを使う場合にはローン条項も記載されているか確認する。手付金(通常売買金額の10%)の支払い、契約書への記名・押印し契約成立。不動産業者に仲介手数料を支払う。


ローンの申し込み






ローンの申し込み

当日持参する書類、金銭等についてご確認 残金の支払い、租税公課の精算が済んだ後、所有権移転手続きになる。残金支払い方法は現金・売主指定口座への振込み指定があることが多いので不動産業者との確認をする。

Home > 売買契約までの流れ

Archives

Return to page top